経済産業省『電子取引レポート2009』がパブーで発売開始!

  • 2011.01.21 Friday
  • [ - ]
先日の総務省『情報通信白書』に続きまして、経済産業省からもパブーで『電子取引レポート2009』が販売開始されました。
『電子商取引レポート』は、インターネットの急速な普及に伴い、電子商取引が重要な取引手段の一つとなっている状況を踏まえ、経済産業省がインターネットを活用した新しいビジネスの動向を調査したレポートです。
海外の事例も載っていますのでとても参考になりますよ。

電子取引レポート2009


財団法人 経済産業調査会
価格:1575円 
閲覧環境:WEB ePub


試し読み・購入はこちらから

 

■目次
I.調査概要

II.日本における電子商取引市場調査
III.インターネットに関する新たなビジネスモデルの実態把握調査
IV.4つの国・地域間インターネットビジネス動向把握
・日本・米国・欧州・アジア
V.付録資料
VI.概要資料


電子取引レポートとは?

経済産業省では、平成10年度より国内の電子商取引に関する市場規模及び実態の調査を継続的に実施しています。

インターネットの急速な普及に伴い、電子商取引が重要な取引手段の一つとなっている状況を踏まえ、経済産業省では2007年からは、単なる市場規模の推定 のみならず、インターネットを活用した新しいビジネスの動向や急速に拡大する海外の電子商取引の実態も調査し、「電子商取引レポート」としてとりまとめる ことになりました。

今回の調査の特徴として、以下の点が挙げられます。

(1)日本企業における電子商取引市場規模、電子商取引化率の把握
2008年1月から12月までの期間における日本のBtoB-EC(企業間電子商取引)、ならびにBtoC-EC(企業消費者間電子商取引)の市場規模及び電子商取引化率について調査しています。

(2)世界4地域における新たなインターネットビジネス動向の把握
日本、米国、欧州、アジアの4つの国・地域におけるインターネットビジネス(電子商取引含む)の動向を、主として公知情報調査と、各地域の事業者へのインタビュー調査に基づき把握しています。
インターネットビジネスの動向把握に当っては、昨今、様々な機器が通信機能を持ち、インターネットに接続可能になってきていることを考慮して、従来調査対 象となることが多かったPC、携帯電話へのサービスにおけるインターネット活用に加え、カーナビ、IPTVへのサービスにおけるインターネット活用の状態 を把握しています。(本調査では、調査対象としたPC、携帯電話、カーナビ、IPTVを「ウィンドウ」と呼びます)

調査結果を、4つの国・地域、4つのウィンドウ間で比較し、インターネットビジネスの今後の発展の可能性ついて分析を行っています。特に、ウィンドウ間を 連携するサービスの現状に着目し、連携によるインターネットビジネス発展の新たな可能性について、取りまとめを行いました。

インターネット取引の実態を把握していただくための必携の書です。

持ち運ぶのには、重たいレポートは、電子書籍にとてもぴったりです。
いつでも読みたい時に、ウェブ上で参照できるのも便利ですね。

ぜひお読みください!

電子取引レポート2009
http://p.booklog.jp/book/18727



電子書籍作成・販売プラットフォーム「パブー」
        

最近のエントリー

パブーおすすめ本・企画

    

カテゴリー別

   
       
  • 経済産業省 電子書籍
  • 経済産業省 電子書籍
  • 増田セバスチャン 電子書籍
  • ひうらさとる 電子書籍
  •    
  • NONSTOP 電子書籍
  • 東京トイボックス 電子書籍
  • モジャモの絵本
  • まもって守護月天 電子書籍
  • ザッポスの軌跡 電子書籍
  • AiR 電子書籍
  • 情報通信白書 電子書籍
  • ブクログ公式Twitterをフォローしよう
  • ブクログの今後の予定

ハリネズミ通信内を検索